初めての

あ、あのお店新メニュー始めたんだ。
そんな発見をすることがありますよね。日々、町中ではあらゆるメッセージで溢れています。
新商品だとか、メニューだとか、駅やビルに吊っている広告など様々ですが、やっぱり目につきやすいのは大きいものですよね。
大きい広告があるとついつい目を奪われてしまうはず。
それらは横断幕と言って、大判出力ができる業者で頼めば作ってもらうことができるんです。
横断幕と言って思い浮かべるのはメニューや広告より、もしかしたらスポーツの客席で「がんばれ○○!」と書かれた布のことを考える方もいるんじゃないでしょうか。
もちろんそれも横断幕です。やっぱり、大きくて目立つから、テレビ中継などされていると客席で映ることが多いですね。

ポスターなども大判出力の中に含まれますが、横断幕は幕というだけあって布の素材が主です。
安さを求めれば紙にレーザープリントで印刷する方法がありますが、横断幕と言うと主張したいことがあるから作りたいはず。
大切な一枚となるはずですよね。

作りたいけど、大判出力って値段とか色とか、不安が色々あるという方もいらっしゃると思います。
そんなあなたも、大判出力についてちょっと勉強してみませんか?
そして自分だけの横断幕を作ってみましょう!

外部おすすめリンク

横断幕をデザインするなら|チットプラス
看板の価格を抑えるなら|看板ナビ

Archive